フェンスを覆うつるばらの生育に目覚めました。

つるばら

つるばら
山間部に住んでおるわたくしは約10ご時世前に授受した土壌に在宅を新築しました。殊更ガーデニングに期待はなかったのですが、周りの在宅も敷地の幅広い在宅ばっかりなのでやたらと幅広いガーデンを組み立てることになりました。

以前まではガーデンの花壇には平年1ご時世草などを購入してきては植えてあり、春には花を咲かせる、位の気持ちでいました。 ある時、敷地の境の植栽が枯れてしまったので新しい物を購入しようとガーデニングショップへ出かけた会社、突破口からツル性のバラ、「ピエールドウロンサール」がフェンスいっぱいにひろがり、たくさんの大輪の花を咲かせていたのです。

その景色に脳裏を打たれました。 調べて見るとバラには各種型があり、たまたま思っていた通りバラの生育は簡単ではないみたいでした。独立やるバラの種類もありましたがフェンスを覆うように這って出向くツル性のバラの生育を諦めきれず挑戦することにしました。

一旦ガーデンの移植からです。

どこ

どこにバラを植えるかを考えた上でツルバラを這わせるフェンスを設置しました。そうしてインターネットで苗を購入し植えたのですが数ヶ月でアブラムシで葉がいっぱいになるし、また病魔にもかかってしまい、すぐさま全面に広がってしまいました。

やっと無くなることは逃れましたが、病魔の見た目が出始めた時にほんのり忙しかったので数日ほおっておいたのが悪かったように思います。 バラの生育は子やペットを育て上げる感じように、毎日状勢を観察して出向くことが実際重要です。

そうしたらわたくしは毎朝バラの体つきを観察するようになり計画的に殺菌やトリミング、肥料を通している。必ず困難のですが平年5月にはたくさんの大輪を咲かせてくれるバラを見ているとまた今年も頑張っていこうと思うのです。